二重まぶたでワクワクハッピーライフ|昨日と違う私に出会える

レディー

自分に合った二重の種類

目元

ぱっちりとした二重まぶたに憧れを抱いている人は多いでしょう。自分のまぶたが一重まぶたもしくは、理想のまぶたではないという人の中には二重まぶた整形手術を考えている人も少なくないはずです。二重まぶたに憧れを抱いている女性が二重まぶた整形手術に踏み切った理由としては、顔の印象を明るくしたい、毎日の化粧が大変だから、という意見が半数を占めているのだとか。日本人はもともと遺伝子的に一重まぶたの割合が多く、化粧アイテムなどを使用して二重まぶたにしているという人も多いのです。そのため、毎日化粧をしなくてはいけないという煩わしさから解放されるという意味でも、整形手術を選択することのメリットは大きいと言えるでしょう。

実は二重まぶたには2つの種類があるのをご存知でしょうか。いわゆるぱっちりタイプで、二重まぶたと言えばこれ、とイメージされるのが並行型です。平行型は目に対して並行に二重のラインが入っているタイプになります。平行型の二重まぶたは西洋人に多いのが特徴で、色っぽく、大人でエレガントな雰囲気を与えることができます。そしてもう1つのタイプが末広型と呼ばれているタイプです。末広型は目元から目じりに向かって二重まぶたのラインが広がっていくのが特徴で、自然でクールな印象を与えることが出来ます。日本人に多いと言われているこの末広型は、まぶたの脂肪の厚さの関係で、奥二重と呼ばれることもあります。

この2種類の二重まぶたは、人によって整形手術の難易度や方法が異なります。というのも、冒頭の部分で日本人に一重まぶたが多いということをご紹介しました。そして日本人には一重まぶたであると同時に、蒙古ひだとよばれるものが目頭についている割合がとても高いのです。この蒙古ひだは末広型の二重まぶたにする際には何の問題もないのですが、並行型となると少し事情が異なります。平行型は目と平行にラインを引かなくてはならないため、蒙古ひだと離す必要性があります。そうなると切開手術が必要になることも視野に入れながら整形手術の話を進めていかなくてはなりません。このように二重まぶたの種類や与える印象はちがいますし、二重まぶたの種類や患者さんの状況に応じて行なう手術の内容も変わります。事前にそういった知識をしっかりと把握して手術に臨むことが、理想の二重まぶたを手に入れるためには大切なポイントになります。