二重まぶたでワクワクハッピーライフ|昨日と違う私に出会える

レディー

最適な手術の選択

鏡を見る女性

一重の人や、奥二重と呼ばれている人が、ぱっちりとした二重にするだけで顔の印象は大きく変わります。目は口程に物を言うということわざがありますが、目は顔の中でも、全体の印象を左右するパーツなのです。二重まぶたを手に入れる方法として、すでに多くの人に認知されているのが、美容外科クリニックで受けられる二重まぶた整形手術です。この二重まぶた整形手術は大きく2種類に分けることが出来ます。二重まぶた整形手術に興味があるという人は、手術の種類、内容、メリット、リスク等をしっかりと理解しておきましょう。これから手術を受ける際にきっと役に立つはずです。

まず国内でも人気が高いのが埋没法と呼ばれる手術方法です。埋没法は医療用の特殊な糸を用いて二重に整えます。手軽に受けることが出来る整形であることから、通称プチ整形とも呼ばれています。一般的に切らない手術として知られていますが、実際には特殊な糸を通すため、わずかですが皮膚を切る必要性があります。埋没法の特徴としては、手術時間が片目で15分ずつで、ダウンタイムも短く腫れや内出血等の症状も軽いのが特徴です。費用も両目あわせて10万円前後と、その他の整形手術と比べてもかなりコストパフォーマンスが良いです。埋没法の難点をあげるとするなら、施術後に糸が外れて一重に戻ってしまうことがあるということでしょう。糸が外れてしまった際には、再手術をしなくてはなりません。そのため埋没法は定期的に手術を受けないと、二重が維持できないということを頭に入れておきましょう。

次にご紹介するのは切開法という方法です。こちらは脂肪などによってまぶたが厚く、埋没法が利用できなかった人や、末広型の二重を希望する人に多く利用されているタイプになります。埋没法と比較すると、術後の腫れや内出血などの症状は長く、痛みも多少こちらの方が強い傾向にあります。ですが一度手術を受けると、半永久的に理想の二重を維持することが出来るためとても人気が高いのです。切開法の中には、ラインに沿って全て切開する全切開法、わずかな部分のみを切る部分切開法の2つがあります。全切開法の手術時間としては両目でおよそ1、2時間、術後の症状のピークはおよそ2週間程度続きます。また二重が定着する時間も埋没法よりも長く、人によっては3か月以上かかることもあります。一方で部分切開の手術時間としては、両目で30分程度、術後の症状も1週間程度と埋没法と大して変わりません。ですが埋没法とは異なり、二重の定着は半永久的に続くため、一回の手術で済ませたい人は切開法を選択するといいかもしれません。手術の費用は、部分切開法、全切開法ともに両目で30万円から40万円が相場だと言われています。しかし、手術費用ならびにその他の料金はクリニックによって変わるため、事前に利用するクリニックの料金プランを確認しておきましょう。