二重まぶたでワクワクハッピーライフ|昨日と違う私に出会える

レディー

失敗例から学ぼう

注射

二重まぶた整形手術を受ける際に、誰もが不安に思うのが、もしも手術に失敗したらどうしよう、ということではないでしょうか。どのような手術でも100%思い通りの結果を得ることは難しいでしょう。そのため二重まぶた整形手術において一体どのような失敗例があるのか、ということを知っておくのは、今後整形手術を受ける時に役立つかもしれません。明日は我が身と自分に置き換えて、二重まぶた整形手術のリスクや失敗例について目を通しておきましょう。

まず二重の整形手術方法には、埋没法と切開法があります。それぞれの手術方法によって当然リスクや失敗の例は変わってくるため、自分がどちらの手術を選択するつもりなのかを念頭に置きながら確認しておくことが大切です。埋没法に起こりがちな失敗例としては、手術したにもかかわらず一重まぶたに戻ってしまうというケースです。ここで確認しておくべきなのが、そもそも埋没法の二重まぶたは半永久的ではないということです。そのため埋没法の平均持続期間を迎えた頃に、一重まぶたに戻ってしまったのであればそれは失敗ではありません。ここで紹介しているケースは、手術をしてまだ日が浅いにも関わらず一重まぶたに戻ってしまったパターンです。この失敗の原因はいろいろと考えることが出来ますが、おもにアフターケアの方法が悪いことや、手術を担当した医師の施術にミスがあったと考えるのがごく自然です。もしもこのような状況になった場合は、早い段階で手術を受けたクリニックに相談し、もう一度手術しなおしましょう。場合によっては安い料金、もしくは無料で再手術を受けることが出来るかもしれません。

以上が二重まぶた整形手術に関する失敗例になります。こちらで紹介したものはあくまでも一例で、実際には様々なトラブルが発生するかもしれないということを頭に入れておくことが大切です。もしものことが起こった際に備えて、手術に関する基本的な知識、医師とのカウンセリング、手術を受ける前の承諾書の内容などをしっかりと確認しておきましょう。特に承諾書の内容には、失敗してしまった時の対処方法や、再手術を受けることになった際の費用などについて記載されています。重要な書類はコピーを取っておくのもいいかもしれません。用意周到なリスクヘッジを心掛けましょう。